会社設立の手続き

Pocket

インターネットが普及し、個人でも会社を立ち上げる方が昔に比べて急増しており、また気軽に起業できる環境が整っている時代となりました。しかしながら、今も昔も会社設立に伴う法的な手続きについて、煩わしさは変わっておらず、時間との戦いをされている事業主の方にとって、頭を悩ます種となっています。会社を設立するにあたり、準備する書類や手続きは山のようにあり、また、オフィスを構える為にも様々な作業が必要となります。バタバタしているうちに、大事な書類や手続きが抜け落ちていて、いざ開業日となってから、設立が間に合わなかったという事態になる可能性があります。

手続き会社設立における最初の作業とは、会社名や所在地等の会社の基本的な内容が記された、いわば会社の憲法といった位置づけである「定款」についての認証手続きを行います。そして、もう一つ、法人の場合、法務局にて会社の登記申請を行います。この登記を行うことで、会社は設立されますので、大事な手続きになります。登記申請書には認証した定款を添付して提出しますので、定款をしっかり作成しないと、登記申請が行えないことになります。

また、登記申請書の作成は難しく、また、様々な書類の提出も必要になります。ここで時間をとられてしまうと、会社の設立が出来たとしても、その他の業務が立ちいかず、設立してもすぐに運営ができなくなってしまいます。そんなことを避ける為にも、会社設立には代行サービスの利用がお勧めです。